昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「女性の大きな叫び声の後にバチバチッと異様な音が…」“渋谷スタンガン強盗”容疑者が周囲に巻き散らした“経験したことのない痛み”

genre : ニュース, 社会

「這いつくばった女性が助けを叫んでいる隣で、顔じゅう傷だらけの犯人が取り押さえられていました。そこにたくさんの野次馬が群がっていて、あの時の渋谷はカオスでしたよ」

スタンガンを使って強盗に及んだ

 11月12日、20代女性にスタンガンを押し当ててショルダーバッグを奪ったとして、静岡県裾野市の会社員・佐藤紀裕容疑者(27)が強盗致傷の疑いで逮捕された。

逮捕された佐藤紀裕容疑者(日本テレビ系「NEWS ZERO」より)

 佐藤容疑者は、世界トップクラスのシェアを誇る自動車部品を製造する大手メーカーに勤務している。普段暮らしている社宅は静岡県裾野市にあり、事件のあった渋谷まで、おおよそ100キロ以上の距離がある。電車で約3時間かけてわざわざ渋谷までやってきて、一体何をするつもりだったのか――。

 全国紙社会部記者が解説する。

「事件は12日の午後1時ごろ、渋谷区道玄坂の路上で起きました。佐藤容疑者はツイッターを通じて被害者の女性と知り合い、現場近くのファーストフード店で初めて顔を合わせました。店を出て歩き始めたところ、女性の背中や右腕にスタンガンを当て、バッグを奪っています。しかし20メートルほど逃げたところで、通行人の男性3人に取り押さえられました。通報で警察が駆けつけた頃にはすっかり大人しくなっていたようですが、取り押さえた男性の1人にもスタンガンを当て、負傷させています。幸い、被害者は2名とも軽傷で済んだようです」

ラブホテルの前で揉める男女の姿

 土曜日の昼下がりに起きた、今回の“渋谷スタンガン強盗”。事件直前の佐藤容疑者と被害者女性を目撃していたという人物はこう話す。

佐藤容疑者が通行人に取り押さえられた場所

「人気のラーメン店に向かう途中に、ラブホテルの前で何やら話し込んでいる男女を見ました。男の方がスマホの画面を見せながらブツブツ言ってましたね。通りすがりに見ただけなんですけど、てっきり単なるカップルの喧嘩だと思ってました。それから5分後くらいかな。ラーメン屋の行列に並んでいたら、ひったくりの犯人が通行人に取り押さえられているって聞こえたので犯人の顔を覗いてみたら、さっきラブホテルの前でぶつくさ言ってた男の人だったんです」

関連記事