独裁者が横行する今日の世界

日本再生 第84回

立花 隆 ジャーナリスト
ライフ 政治

 ついこの間まで、安倍1強時代といわれ、9月の自民党総裁選での3選は疑いなしと思われていた安倍首相に突然冷風の嵐が吹きつけている。最近の「森友文書」書き換え問題をめぐる疑惑で、支持率が一挙に急降下したのだ。日本の政界では「世論調査で支持率が30%を割ったら政権の存続が危ぶまれる」のが定説になっているというのに、すでに調査によっては、30%すれすれまで落ちこんでいるのだ(NNN調査では30.3%)。

 政治の世界は生きものだから、このあと安倍内閣の命運がどう変っていくのか、まだまだ充分な見きわめはつかないが、いずれにしろ安倍内閣にとって近未来の政治情勢はそうそう楽観できるものではなさそうだ。

 安倍1強時代が長く続いたせいか、政治的修羅場を何度もかいくぐってきた百戦錬磨の闘将とか、稀代の策士といった連中も数少くなり、安倍の周辺にいるのは、いわゆるアベチルドレンのなれのはてみたいな連中ばかりなのも気にかかるところだ。次の修羅場に直面したとき、彼らの力で乗り切れるのか?

 政治家だけではない。官僚の質の低下がひどい。「森友」問題での公文書の書き換え疑惑は、官僚社会の根幹というか、国家の根幹にかかわるような大問題だ。

 これが法治国家だろうか。為政者が公文書を好きなように書き換えて、国家の公的資産(優良な土地)を安値で政府お気に入りのゴマすり連中に売りさばいてしまうみたいなことが許されるなら、大昔の北海道開拓使官有物払下げ事件があった頃と日本はまるで変ってないということになる。

 ひるがえって世界を見渡してみると、あっちでもこっちでも権力者による傍若無人な好き勝手なふるまいが横行している。

 ロシアではプーチン大統領が、得票率76%で楽々と4選を果したが、当選した直後から、政府系の人間による二重、三重投票の疑惑が、ネット上で実にあからさまな映像付きで出まわっている。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2018年05月号

genre : ライフ 政治