警視庁現役5万人が選んだ100大事件

史上初の大アンケート 西南の役からオウム事件まで

池田 克彦 第88代警視総監
柳田 邦男 ノンフィクション作家
ニュース 社会 歴史

「我々が日本の治安を守り抜く」——凶悪事件と闘ってきた140年の歴史

あさま山荘事件(写真左)や地下鉄サリン事件など ©時事通信

 警視庁は創立百四十周年を記念して、全職員約五万人を対象に、「重大事件アンケート」を実施。百四十年間で警視庁が関わった事件・事故・警備等で重大だと思うものを三つ選び、その理由も答えるという形式で、約四万五千人から回答があった。詳細は別表の通りである。

 捜査の第一線に立つ現職の職員から見えた重大事件とは何か。第八十八代警視総監の池田克彦氏とノンフィクション作家の柳田邦男氏に、アンケート結果を基に警視庁百四十年の歴史を振り返ってもらった。

 池田 アンケート結果を見て最初に思ったのは、上位十位までに東京で発生していない事件が三つも入っていることです。五輪やサミット、皇室行事などの国家的行事も数多く見られる。警視庁とは単に東京の警察というだけではなく、日本全国を代表する警察だということを改めて実感しました。

 また、未解決事件や殉職事件も目につきますね。警察官による不祥事案も幾つか上位に入っている。これらは全て、それぞれの職員の心に重くのしかかっている事件だと思います。

 いずれにしても、現在の警視庁をいろいろな角度から象徴している、そんなアンケート結果だなと感じました。

 柳田 こうして警視庁が関わってきた多くの事件を並べてみると、この国の現代史そのものだと言えますね。残忍な少年犯罪も、思想的なテロも、その時代のありようを色濃く反映していることが分かります。時代が抱えている問題や矛盾が、事件という形で現れているのではないでしょうか。

 

オウム事件の謎は解けていない

 柳田 私たちも警視庁職員の皆さんと同じように、重大だと思う事件を三つ選びました。その第一が平成七年のオウム真理教事件(一位)です。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2014年04月号

genre : ニュース 社会 歴史