原瑠璃彦「洲浜論」

文藝春秋BOOK倶楽部

片山 杜秀 評論家
エンタメ 読書

天皇が重用した「国見」の道具

 洲浜。「すはま」と読む。あまり聞かない言葉だ。古語であろう。洲は水に囲まれた低地。字義通りに取れば水辺、川辺、海辺、洲の周囲となろうか。だが本書によれば本物の海浜等を洲浜と呼ぶ例は見つからないという。では何なのか。海岸を象(かたど)った台を特に洲浜と呼ぶ。旅館や食堂で朝食とか昼夜の定食が長方形の膳の上に載せられて出てくる。あの膳が方形でなく海岸のような曲線にデザインされれば洲浜だろう。より正確には洲浜台。ひとりで持ち運べる小さな台から、数人で運ぶ大きな台まで、いろいろあったという。今日でも結婚式などの飾り物の載る台として似たものを見かける。

 本書はそんな洲浜台の根源的意味を探る。そう、道具・什器の類いのマニアックな専門書と思ってはいけない。極めて壮大かつ圧倒的な構想力をもって、この国の本質にまで筆が及んでいる。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年8月号

genre : エンタメ 読書