派閥解消で糠喜び 茂木の一寸先は闇

赤坂太郎 特別編

ニュース 政治

岸田失脚を待ちわびる茂木だが足元から離脱者が続々と

「どこの派閥がとかじゃねえんだ。自民党全体の問題として危機感を持って、ケジメをつけなきゃいけねえんだ。でないと自民党は終わる」

 1月18日夜、首相の岸田文雄は岸田派解散の方針を表明した後、いつになく強い口調で周囲にまくし立てた。伝統ある岸田派への思い入れは、人一倍強いはずだった。岸田は続けた。

「俺は宏池会(岸田派)ができた年に生まれた。俺の人生は宏池会と共にあった。そんな俺が決めたんだから、派閥のみんなは納得したよ」

 派閥幹部を官邸の裏口から一人一人執務室に呼び込み、了承を取り付けた岸田。その一方でこれまで「三頭政治」と言われて政権を支えてきた副総裁の麻生太郎、党幹事長の茂木敏充には一切相談しなかった。

「自民党の体質を一新すべく、先頭に立って闘う。信頼回復のために火の玉になる」

 昨年12月13日の記者会見で岸田は、こう意気込みを示した。しかし、信頼回復のために具体的にどのような施策が必要なのかは見定められずにいた。1つの焦点は、巨額の裏金作りの舞台、派閥のあり方だ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2024年3月号

genre : ニュース 政治