昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

クライマックスのイメージから小説を書く

――洋子が蒔野のメールを読まずに削除してしまうところが印象的でした。

平野 彼女はあのとき、体調も悪かったし、強いショックを受けていて、見れなかったんでしょうね。端から見ればちょっと愚かに思えるところも、人間の真実として、大事だと思うんですね。読む人がページをかきわけて小説の世界に入りこみ、「なんでそのメールを読まないの?!」と洋子に言ってやりたくなったり、自分の友達ならどうするか、意見を聞きたくなる。そういう小説との関わり方もあるのではないでしょうか。

 

――小説のアイディアはどこから生まれるのですか。

平野 アイディアはいくらでも思いつくんですが、しばらく頭の中に置いておくと、だめなものは自然と消えていく。最終的には、クライマックスのイメージから小説を書くんです。ある象徴的な光景が浮かび、この人たちはどうやってこの場面にやってきたのだろう、とさかのぼるうち、ひとつの時間の流れの中で、物語が浮かび上がってくる。

『マチネの終わりに』で最初に思い浮かんだのは、コンサート会場。舞台の上に一人の男がいて、客席に女性がいる。二人が、他の人にはわからない思いを抱いている、という光景です。どうして彼らはそこにいるのか、と考えていきました。

 

作品世界をより深く楽しむために

 作品世界をより深く楽しむために、世界的ギタリスト、福田進一のタイアップCD「マチネの終わりに and more」も発売中だ。ブラームスの「間奏曲 第2番」は、グレン・グールドの美しい演奏で有名な曲のギターアレンジバージョン。洋子が一番気に入った演奏が、蒔野の会心の出来だったことから、二人の心が通じ合う。

「二人のつかの間の関係も、人生の間奏曲だったのかもしれない。でも、それがこの上もなく美しい、ということもあるんじゃないでしょうか」と平野さん。いや、間奏曲では終わらないかもしれない。その先は、原作を読み、映画を見た人それぞれに、ゆだねられている。

写真=北沢美樹

マチネの終わりに (文春文庫)

平野 啓一郎

文藝春秋

2019年6月6日 発売

INFORMATION

映画『マチネの終わりに』
11月1日(金)公開
https://matinee-movie.jp/

この記事の写真(9枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー
z