昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「数カ月でアナウンサーの半数が入れ替わる異常事態」でも経営陣は変わらず 「パワハラで異動の社員が役職に再任」も……フジ系列・山形さくらんぼテレビの“過酷労働環境”

ハラスメント横行 さくらんぼテレビの闇 #3

「さくらんぼテレビには昨年12月10日に労働基準監督署から是正勧告がなされています。アナウンサーへのパワハラや労働基準法を超えた残業時間などが問題視され、調査の手がはいったところ、多くの社員が違法な労働環境にあることが分かったのです」

 こう語るのは、山形県を拠点とするフジテレビ系列の地方局である「さくらんぼテレビ」の関係者だ。

今年、開局25周年を迎えたさくらんぼテレビ ©文藝春秋

「文春オンライン」特集班は、昨年10月、同局のアナウンサーだったAさんが当時の上司から「死ね」と書かれたLINEを送り付けられるなどのパワハラを受け、休職に追い込まれていたことを報じた。

 取材班の元にはAさんの事例以外にも同局の関係者から多くの情報が寄せられた。その結果、Aさんへのパワハラだけでなく、社内では日常的に「死ね」などの暴言が飛び交い、社員が不当に残業時間を少なく申告させられていた実態も明らかになった。

報道後、さくらんぼテレビには労基署のメスが…

 だが、同局関係者によれば、報道後も社内の「ハラスメント体質」を改善しようという目立った動きはなかった。そして、その労働環境の過酷さゆえに「山形の北朝鮮」とも呼ばれる同局についに労基署のメスが入ったのだが、それでも大きな“変化”はなかったという。

上司からAさんに深夜に送られた「死ね」という暴言LINE

「文春オンライン特集班」では改めて同局について取材を進めた。すると、長年ハラスメントが横行しながらも放置されてきた“問題の根”が見えてきた。

◆◆◆

「さくらんぼテレビは1997年に開局されたフジテレビ系列の地方局。93年までフジテレビ系列だった山形テレビがテレビ朝日系列に変わり、フジテレビの番組が見られなくなった県民の声を受けて立ち上げられました。地方局では珍しく、アナウンサーの中途採用を行っていて、局アナにあこがれた人が受験することが多い局です」(民放関係者)

 2019年、あこがれだったアナウンサーという夢を叶え、Aさんはさくらんぼテレビに入社した。しかし、希望を持って入社したAさんを待っていたのは残業時間が月に100時間を超えることもある過酷な労働環境と、上司からの度重なるハラスメントの数々だった。

z