文春オンライン
「片手片足を切り落とされた女性の死体が捨てられた」のは両国橋付近? 墨田区に伝わる怪談「本所七不思議」実際の場所をめぐってみた

「片手片足を切り落とされた女性の死体が捨てられた」のは両国橋付近? 墨田区に伝わる怪談「本所七不思議」実際の場所をめぐってみた

ゲーム『パラノマサイト』で話題

genre : ライフ, 娯楽

 東京都墨田区には、江戸時代から伝わる「本所七不思議」という怪談がある。

 本所とは現在の墨田区南部にあたる地域のことで、いわゆる江戸の下町だ。当時、町民たちが噂話として囁き合った怪異の目撃談、それをまとめたものが本所七不思議である。今で言うと「都市伝説」のようなものかもしれない。

 怪異の数え方には諸説あるため、「七不思議」といえど7つとは限らないそうだ。「それは見間違いだったのでは……?」と思ってしまうような話から、事件性の高い凄惨な話まで内容は様々。特に有名なのは、釣り人に「置いてけ……」と声をかけるという「置いてけ堀」だろう。

ADVERTISEMENT

 そんな本所七不思議が、現在改めて注目されている。各所で話題のゲーム『パラノマサイト』(スクウェア・エニックス)でモチーフとして使用されたためである。

©2023 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

『パラノマサイト』の登場人物たちは、それぞれ本所七不思議にまつわる「呪い」の能力を手にして、命の奪い合いバトルの中に身を置くことになる。舞台はもちろん東京都墨田区だ。

 墨田区観光課、郷土文化資料館、観光協会、商工会などの全面協力のもと再現された墨田区の街並みはゲームの世界観を一層魅力のあるものにしている。SNS等でファンが作品内に登場する「ロケ地」を巡った投稿が盛り上がっているのも納得である。

 

 この記事でも『パラノマサイト』のロケ地を実際に訪れて、ゲーム内の背景画面と実際の墨田区の風景を見比べながら、本所七不思議の内容に迫ってみよう。ちなみに、七不思議の数には諸説あると述べたが、ここで紹介するのはゲームと同じく9つとする。

置いてけ堀(錦糸堀公園)

 まずは「置いてけ堀」から紹介する。

「釣りを楽しんだ男が夕暮れ家路につこうとすると、どこからともなく『置いてけ……』と不思議な声が聞こえる。ぞっとして魚籠を引き寄せると、たっぷり釣ったはずの魚は一匹残らず消えていた」(『本所七不思議探索地図』より)