樋田毅「彼は早稲田で死んだ 大学構内リンチ殺人事件の永遠」

文春BOOK倶楽部

佐久間 文子 文芸ジャーナリスト
エンタメ 社会 読書 歴史

半世紀が経ち、元革マル派幹部の答えは?

「川口大三郎君虐殺事件を知っていますか」

 事件が起きてから48年後の2020年初夏、著者は早稲田大学文学部の前で男女10人の早大生に「彼」の事件について尋ね、全員が「知りません」「聞いたことがありません」と答えたという。

 著者より一回り下の私は、そういう事件があったこと、早稲田の学生だった村上春樹の『海辺のカフカ』の中に、事件を思わせる描写があることは知っていたが、事件の詳細や、事件のあとで何が起きたかは、この本を読んで初めて知った。キャンパスを覆っていた当時の空気も。

 1972年。浅間山荘事件が世間を震撼させ、時代の転換点となった年だ。この年の11月、第一文学部2年生だった川口君の遺体が東大医学部附属病院前で発見される。前日の昼間、キャンパス内で革マル派に連れて行かれ、自治会室で激しい暴行を受けた末の死だった。彼が連れて行かれるのは複数の学生も見ており、連絡を受けて教員が教室に来たが、入室を拒まれ引き返した。

 革マル派は犯行声明を発表、川口君は中核派のメンバーでスパイ行為があったとした。だが、彼は中核派ではなかった。革マル派は、一般学生を敵対する組織の一員と誤認して凄まじいリンチを加え、無残に死なせたのだった。

 学生の怒りはすさまじかった。川口君の1学年下にあたる一文の学生だった著者も、革マル派が支配していた自治会を学生の手に取り戻すべく、動き始める。臨時執行部の委員長に選出されるが、革マル派から激しい妨害を受け、暴力もふるわれる。今も夢に見るほどの重傷を負って、活動から手を引いた。

 卒業後、朝日新聞記者になった著者は、定年退職し、ほぼ半世紀ぶりに取材を開始する。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2022年3月号

genre : エンタメ 社会 読書 歴史