松井今朝子「愚者の階梯」

文藝春秋BOOK倶楽部

佐久間 文子 文芸ジャーナリスト
エンタメ 映画 読書

人が死んでも誰も責任を感じない

 子どものころから歌舞伎に親しみ、歌舞伎の企画、制作、脚色に携わるなど、歌舞伎を知り尽くした著者が最も得意とする、バックステージ・ミステリーである。

 時代設定は昭和10年。3年前に建国された満州国の皇帝溥儀を木挽座に迎え、「勧進帳」「紅葉狩」を上演することになる。

 代表的な演目であるその「勧進帳」のセリフが、あろうことか「不敬に当たる」として、国粋主義者に糾弾される。交渉にあたっていた興行主の専務が舞台装置で首を吊り、さらに関係者が2人も殺される。

松井今朝子著『愚者の階梯』集英社 2090円(税込)

 史実とフィクションの混ぜ合わせ方が面白い。「勧進帳」「紅葉狩」は、溥儀が歌舞伎座に来たとき、実際に上演された演目だ。「勧進帳」に右翼がケチをつけるのはおそらく著者の創作だと思うが、「源氏物語」が「不敬」を理由に上演を禁じられた歴史はある。

 歌舞伎座は「木挽座」、興行会社は松竹ならぬ「亀鶴興行」で、歌舞伎界の「女帝」六代目荻野沢之丞や労働争議で破門され新劇団を立ち上げる荻野寛右衛門といった役者たち、時代劇の若き天才映画監督中山といった人物像にも、モデルの顔が見え隠れする。

「探偵」役の主人公桜木治郎は早稲田大学の講師で、江戸の狂言作者、桜木治助の末裔という設定だ。亀鶴興行の外側にいる人間だが、幕内に知り合いも多く、舞台裏にも自由に出入りできる。亀鶴興行社長の大瀧や、荻野沢之丞からも、何かあると相談される立場である。

 実際に事件の捜査にあたるのは過去作の『壺中の回廊』『芙蓉の干城』にも登場した築地署の警部笹岡と、その部下の薗部の2人で、彼らは外部であり内部でもある桜木から情報を得ようとして何かと近づいてくる。面白いのは笹岡と薗部のコンビが一枚岩ではないことで、会社として拡大する過程で闇を抱え込んだ「亀鶴」と裏で結んでいるらしい笹岡を警戒して、若い薗部が桜木を頼りにするのが妙にリアルだ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2022年12月号

genre : エンタメ 映画 読書