誰と、何と繋がるか

文藝春秋BOOK倶楽部特別編 2023年「わたしのベスト3」

佐久間 文子 文芸ジャーナリスト
エンタメ 読書

『絶縁』村田沙耶香ほか著、藤井光ほか訳/小学館
『エクス・リブリス』ミチコ・カクタニ著、橘明美訳/集英社
『破流・永山則夫小説集成1』『捨て子ごっこ・永山則夫小説集成2』永山則夫/共和国

 アジア9都市の9人の作家が共通テーマで書いた短篇集『絶縁』がすばらしかった。

 終わりの見えないコロナと戦争の時代を象徴するのがまさに「絶縁」ということばだと、読みながら何度も思った。誰とつきあうか、つきあうのをやめるか。誰の意見を支持し、反対するのか。家族間の「絶縁」を書く人もいれば、社会の中の「絶縁」を取り上げたものも。

 無理に作品を集めた感じがまったくない。韓国のチョン・セランが提案したこのテーマで、一人ひとりの作家が心のうちを掘り下げ、取り上げる題材もスタイルも何ひとつ重なることなく、みごとに作品として展開させている。

 

 ミチコ・カクタニの文章が好きで、すばらしいインタビュー集『仕事場の芸術家たち』をくりかえし読んできた。ニューヨーク・タイムズの書評を長年、担当してきた彼女の書評を集めた『エクス・リブリス』を読み、批評眼の確かさと守備範囲の広さを改めて知ることになった。

 古典から現代文学、ノンフィクション、政治やスポーツの本も取り上げられる。時に辛口で、作家に忌み嫌われることもあるカクタニだが、「一人の本好き」として書いたこの本は、これでもかというぐらいの熱量で、面白さを読者に伝える。

 永山則夫が4都道府県で男性4人を射殺した事件から55年、死刑が執行されて26年たつ。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
新規登録は「月あたり450円」から

  • 1カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    初月1,200

    600円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • 6カ月プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり1,000

    500円 / 月(税込)

    初回特別価格3,000円 / 6カ月(税込)

    ※6カ月分一括のお支払いとなります。7カ月目以降は通常価格6,000円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    月あたり900

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    月あたり

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2024年1月号

genre : エンタメ 読書