【に】「日本語と文化」を語ってしまってゴメン

日本語探偵

飯間 浩明 『三省堂国語辞典』編集委員
ニュース 社会 教育

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです

 さる講演会で「日本語と日本文化」という題で話をしました。この題は主催者の希望によるのですが、ちょっとスケールが大きいですね。司馬遼太郎が話すならともかく。でも、せっかくのご依頼なので、文化史的な状況の変化とともに日本語の姿が変わってきた様子を話しました。もっともらしいでしょう。

 短い時間であれもこれも話すわけにはいかないので、なかでも文体の移り変わりに絞って説明しました。

 日本語の文体には、歴史上、大きく分けて5つの姿があった。これが話の骨子です。まことに大ざっぱであり、文体史の専門家には怒られそうですが、分かりやすさを優先したのです。

 まず、中国文化の影響下にあった奈良時代までは漢文体の時代でした。仮名文字もなく、思想の表現は漢文に頼るしかない。〈天地初発之時(あめつちはじめてあらはれしときに)……〉(「古事記」)などと書いていました。

 国風文化が広まった平安時代には和文体が一般化しました。「古今和歌集」の仮名序では〈やまとうたは、ひとのこゝろをたねとして……〉と、仮名文字で大和ことばを書き記し、堂々たる和歌論を展開しています。

 武家文化が育った鎌倉時代以降は、和漢混淆(こんこう)文体が広く用いられるようになります。漢文体と和文体のミックスですね。〈祇園精舎(ぎをんしやうじや)の鐘の声……〉で始まる「平家物語」がその代表例です。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2023年3月号

genre : ニュース 社会 教育