昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

NHKトップアナウンサー阿部渉(55)が昼下がりに“禁断の局内不倫”「時間差、偽名、2部屋予約を駆使した厳戒態勢」《部屋から男女の声が…》

genre : エンタメ, 芸能

 9月3日16時頃、都内老舗高級シティホテルの車寄せで、1人の女性がタクシーから降りてきた。ロビーへ進んでいく足取りは軽い。女性がエレベーターホールに到着するとそこにはすでに男性が1人で待っていた。男性が女性に目線だけを送るとほぼ同時に男女はエレベーターに乗り込んだ。

 2人が目配せをするとすぐに扉が閉まり、エレベーターは3階にあるフロントを通過して7階の客室フロアへ直行した。

9月3日16時過ぎ、タクシーでホテルに到着した女性 写真/上田康太郎 ©文藝春秋

 エレベーターに同乗したカップルがこう話す。

ホテル内で目撃された“男女の不審な行動”

「エレベーター内でおふたりは一言も話さないまま、ずっと無言でしたよ。エレベーターを降りたあと別々の方向に歩いていったので、知り合いだとは思いませんでした。ただ、僕たちを乗せたエレベーターの扉が閉まりはじめると女性が男性に駆け寄って、そのまま一緒に奥の部屋の方へと歩いていきました。不思議なカップルでしたね」

 男女の不審な行動――。それは周囲を警戒してのことなのだろう。

9月3日午後7時頃、ホテルの部屋を出てフロントに現れた阿部アナ 写真/上田康太郎 ©文藝春秋

 この男性、実はNHKのベテランアナウンサーである阿部渉氏(55)なのだ。公表されてはいないが阿部アナは既婚者。しかし同じ部屋に入った女性は妻ではない。彼女は現役のNHK局員のA子さん(30代)。過去には阿部アナとともに番組を担当したこともある。

 現在、2人は約2年間にわたって禁断の“局内不倫”を続けているのだ――。

「マイあさ」で平日パーソナリティを担当

 阿部アナはNHKの“顔”だ。「NHKニュースおはよう日本・関東甲信越」「NHKニュース7」「ニュース シブ5時」など、阿部アナがメインキャスターを務めた番組は数知れず。2009年から2011年まで3年連続で紅白歌合戦の総合司会を務めたこともある。

阿部渉アナウンサー(NHK公式サイトより)

 現在はNHKラジオの朝の顔として「マイあさ!」で月曜から金曜のパーソナリティを担当している。櫻井翔、和久田麻由子アナウンサーと「東京2020パラリンピック閉会式」の中継を進行していた姿も記憶に新しい。

「阿部さんの肩書きはエグゼクティブアナウンサー。NHKでは、一般的なアナウンサーから始まり、『チーフアナウンサー』『シニアアナウンサー』と昇格していきます。『エグゼクティブアナウンサー』はアナウンサートップの立場。阿部さんは間違いなくNHKを代表するアナウンサーですよ」(NHK関係者)