小野和子「忘れられない日本人 民話を語る人たち」

文藝春秋BOOK倶楽部

佐久間 文子 文芸ジャーナリスト
エンタメ 読書

枯れるときに物語は光を放つ

 小野和子さんの名前は2019年に出た前著『あいたくてききたくて旅にでる』で広く知られることになった。

 小野さんは今年90歳になる。『あいたくて……』は小野さんから手製の本を渡されたキュレーターの清水チナツさんが編者となり刊行され、映画監督の濱口竜介さんらが文章を寄せている。濱口監督は東日本大震災後の東北を撮るドキュメンタリーのプロジェクトで小野さんと出会い、小野さんが民話の語り手に話を聞く『うたうひと』という映画を撮っている。孫ぐらいの世代の表現者たちが小野さんに刺激を受け、その仕事をもっと世に知らせたいと願って出た本だ。

 小野さんは50年以上、東北各地を旅してさまざまな民話を聞かせてもらい、文章や映像に記録してきた。結婚を機に仙台に移り住んだので地縁はなく、飛び込みで、「民話を聞かせてもらえませんか」と一軒一軒訪ねて回る旅の記録で、びっくりするほど面白い。

 きれいなわき水を思わせる透明度の高い文章は、読むほどに心が穏やかに静まっていく。さまざまな語りを自分の身体に入れ、一人ひとりの声の調子をそのまま文章にするくりかえしの中で獲得した純度ではないかと思われた。語り手の声は温かく柔らかなのに、地の文からは、聞く行為に対する峻厳ともいえる小野さんの姿勢がにじむ声が時折、聞こえてきてハッとさせられた。

小野和子『忘れられない日本人 民話を語る人たち』(PUMPQUAKES)3520円(税込)

『忘れられない日本人』もまた、民話採訪の旅の記録である。

 おもに描かれるのは8人で、いずれも何十年と長くつきあった人たちだ。彼らから聞いた民話を紹介しながら一人ひとりの人生を描いていく。ふつう民話という言葉で連想するのは動物や異界の者が出てくる短いお話だが、小野さんは一人ひとりの苦労や思い出も聞き、結果として豊かな民衆史の世界が広がっている。

 聞き手を得た語り手が変化する劇的な瞬間が書き留められているのも興味深い。8人で一番若い佐々木健(つよし)さん(昭和12年生まれ)は民話を語ってほしいと頼まれたとき「語る年齢でない」と断っている。だが小野さんとの出会いがきっかけで幼いころ聞いた民話が激しい勢いで甦り、「頭の中にいっぱいになって苦しいから聞きに来てくれ」と言う。

有料会員になると、この記事の続きをお読みいただけます。

記事もオンライン番組もすべて見放題
今なら初月298円で楽しめる

  • 今なら、誰でも、この価格!

    1カ月プラン

    キャンペーン価格

    初月は1,200

    298円 / 月(税込)

    ※2カ月目以降は通常価格1,200円(税込)で自動更新となります。

  • こちらもオススメ

    1年プラン

    新規登録は50%オフ

    900円 / 月

    450円 / 月(税込)

    初回特別価格5,400円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります。2年目以降は通常価格10,800円(税込)で自動更新となります。

    特典付き
  • 雑誌セットプラン

    申込み月の発売号から
    12冊を宅配

    1,000円 / 月(税込)

    12,000円 / 年(税込)

    ※1年分一括のお支払いとなります
    雑誌配送に関する注意事項

    特典付き 雑誌『文藝春秋』の書影

有料会員になると…

日本を代表する各界の著名人がホンネを語る
創刊100年の雑誌「文藝春秋」の全記事、全オンライン番組が見放題!

  • 最新記事が発売前に読める
  • 毎月10本配信のオンライン番組が視聴可能
  • 編集長による記事解説ニュースレターを配信
  • 過去10年6,000本以上の記事アーカイブが読み放題
  • 電子版オリジナル記事が読める
有料会員についてもっと詳しく見る

source : 文藝春秋 2024年6月号

genre : エンタメ 読書